FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

09-17

2018

去るべくしての

とある所で座っていた私の横に、どこかの小学生の女の子3人がやって来ました。
3人はしばらく楽しくおしゃべりして、ふいにひとりの女の子が「このお菓子おいしいねん」と、かばんからスナック菓子を取り出して食べ始めました。
「おいしい!」くすくす。

1分くらい経った時でしょうか。物事を判断するのに分あれば充分です。
あとの2人の女の子が、かばんを持ち上げくすくすと小走りにどこかへ行ってしまいました。

ひとりでおいしいお菓子を食べる女の子。ここでも物事を判断するのに1分あれば充分です。
お菓子をかばんにしまいましたが、きょろきょろと探した2人の姿はもうここら辺にはないようです。

私にも同じような経験もあるし、大人だからダトウナケッカだとも思うが、なんかもやもやとした気持ちになって今は誰もいなくなった場所を見ていました。どの女の子の気持ちも知っているのに知らないという顔で。

698999998.jpg 
 
9月です。
暑さとともに、ひとつずつ夏らしいものがまた来年ねと去っていきます。

TRACK BACK