FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

07-17

2014

湿気は思う。

「湿気がうっとおしいわね。」「ジメジメしてるね~。」
よく交わされる会話。

何の気なしに読んだ本。
外国の乾燥した気候の地域に住む人は、歳を重ねるとシワが深く刻まれる。
しかし日本は湿度が高いので、湿気のおかげでシワになるのを
防いでくれている。みたいな事が書いてあり、
(あー湿気も有り難いものなんだ。)と思った。

湿度が高いと体感的にむぅ~とするが、
それから湿気というものが、気分的にそんなにイヤなものでは無くなった。
イメージで、水分が私を包んで潤わしてくれている、的な!むしろ感謝!みたいな!
ものは考え様で。

iedrf493.jpg


そうだわ、クーラーのきいた所にずっといるとコンタクトが乾くので
目薬をささなくちゃ。
イヤだ!それよりお顔のファンデが多少ひび割れて(仮面がはがれる~。)
シュッシュッとスプレーしなきゃ。
と、そっちの方が気になり出した。
そういや化粧品カウンターのBAさんは、
「保湿です!Jさん、保湿がんばってくださいね。」と、保湿連呼で激励してくれるもの。


悪い面だけを見てても嫌いになるだけ。キリがないですもん。
もしも私が湿気だったら「うっとおしいとか、ジメジメしてるってみんな言うけど
私にもいいところあるのよ。」って思うかしら?思うだろう。
湿気に限らず、人もそう。(やっぱりそうきましたか・・・。)
良い面だけを見るのも、上手に付き合える方法かもしれないですね。