FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

08-20

2010

意気地なし

その銭湯には、密閉された空間にスチームがシャ~と出る
なんとも気持ちいいお風呂があります。
その日も、癒しを求め入っていきました。
中には、おばあさんが1人チョコンと座っていました。
まぁ、おばあさん、やすりで足の裏の皮をゴシゴシ取ってるのね、
この水蒸気で適度に皮もやわらかくなって、そうそう体のメンテナンスは必要よね。

って!!! その落とされた皮の破片がこのスチームに乗って、部屋全体に飛び散り、
やがて私の体にも引っ付くんじゃないの?!
これは注意すべきよね。 誰でも言うわよね。 私、間違ってないわよね。
言うぞ、言うぞ、言うぞ~。

その時、1人の女の人が入場~~。急展開か!
おばあさんを見るやいなや、みるみるぅぅルルル~顔色が変わっていきます。

(おばあさん!この異変に気がついて!お願いよ!)  ゴシゴシ。ゴシゴシ。
(私なら、言える。きっとこの恐そうな女の人より、やんわり注意できるわ。
そうよ、今が今がそのラストチャ~ンス!! あ~の~
「ちょっと!! 不潔だと思いませんか?!せめて洗い場でなさっては?!」
(その通り!) 口火をきったのはもちろんその女の人。
おばあさんは私たちに謝って、出ていきました。

さあ、残った途中入場の女の人と、言い時も去り時も見失った私。 1_20100820082220.jpg
 しーん。沈黙・・・。
(なんで注意なさらなかったのでしょうか?!)という勝ち誇った目と、その堂々たる雰囲気が
スチーム越しにじわじわ感じられます。見るな、私を見るな。
今ここから出たら、出たら負けや、負けやでぇ・・・・・・・・・・・。

xiexie