FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

01-30

2018

優しさの配列。

見てみて。

1517238.jpg 
 
新しく生まれてくる葉たちは自分の下にある葉にも 太陽の光があたるよう少しずらして並んでくれる。
 そうやって思い合ってこそそれぞれが大きくもなり、この自然に美しい形が出来上がっていく。
 優しく重なり成長する葉たち。 
優しさは形になって目に見えたりする。
 
人間の世界でも、当たり前だと思っていることが、実は誰かのちょっとした配慮や思いやりの重なりのお陰です、だとしたら。「自分が!自分に!自分を!」なんてのは、なんとも身勝手。
つまりは自分しか見てないのです。
自分の後ろ左右、前をゆく人でさえ、はたまた遠いどこかでのお陰様がいてくれてこその自分。

 J

01-19

2018

達筆のF

先日読んだ本に、「人と人を比べてとやかく言うのはとても下品な行為だ。」

みたいな事が書かれていました。

下品・・・。それは品格が卑しいこと。

この下品という表現が私の心には痛烈に刺さった。まだ最低だと言われたほうがましかも。

そうやね私も人と人を比べて言う時もあるよな~。

それをやめようと思うよりも、それはとても下品な事だと思うことで

言わない事ができるのではないでしょうか。



こんにちは、スタッフJです。

受付の素晴らしい折り紙の世界は1月はお休みです。

その代わりにスタッフFが持って来てくれた「お習字のミニ屏風」!


bnjku.jpg 


先月のクリスマスリースに引き続き、どんだけ引き出し持っているんだ!スタッフF!

お習字歴35年スタッフF! 来年の書初めを頼む!飾る!

というわけで、先生方、スタッフみんなの趣味の物を大募集中。(集まるかな~?)


01-05

2018

2018

blank0-horz_20180105014129df4.jpg  


2018年が始まりました。
今年は決意も新たに私は・・・私は・・・!
というものはまったく無く、正直何も変わらずの私です。

年末のスタッフFが言ってくれた「またみんなでカラオケ行きましょうね♪」(受け取りました!)の言葉を胸に、私は今年もひとりカラオケ満喫。
歌い初めなんで5時間、映画なら2本は観れるわね。

そうそう映画も観ました。

45g6f.jpg 

昔に観たことがありましたが、おぼろげな記憶しかなく。
あのラストシーン、有名なセリフの後流れるテーマ音楽。
(観てよかった)と思える1本でした。
正直、大島渚監督はテレビに出てるイメージしかなかったのですが、
映画監督としてすごいの残しはったなーと思いました。

そしてこちら。
,,iuu  

学生の頃、アガサ・クリスティのオリエント急行の殺人」を読み、衝撃をうけそれから図書館でアガサ・クリスティの推理小説を借りまくり読みふけった。
この作品はテレビドラマや以前公開された映画も観たのですが、何度みてもあきない。
アガサ・クリスティ、名探偵ポワロ、そして、私の大好きななんとも言えない魅力的なミシェル・ファイファー!
(ここにもいてますウィレム・デフォー。)おなかいっぱいです。
欲をいえば、登場人物ひとりひとりの人物像をもう少していねいに描いていただけてたらな、と。そういう意味では過去の作品のほうが私は楽しめた。

映画っていいな~。今年はもっと映画館にいこうっと。