FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

07-31

2014

であるがゆえに。

コンクリートの上で、セミがお腹をみせてもがいていた。
「ひっくり返る力も無いんだろうか・・・。」
それが街なかに住むセミの運命なのかも知れないが
なんだかかわいそうに思えてきて
私は手をのばした。

fssdg.jpg

すると危険を感じたセミが最後の力かどうかわからないが
そのありったけの力を出して、急に空へと飛び立った!
バタバタ!飛ぶなら飛ぶでそうゆうて。
「び、び、びっくりしたやん!」


セミが最後までセミであるように、どこに辿り着いたかわからないが
とまった先が、セミにとって安息の木の幹でありますように。


見上げた先にまぶしいばかりの太陽。
(あぁやだ!、日焼けしてまう!)
知ってか知らずか、今日も私は私で、セミはセミで、
あまりにも早く終わる7月のあっけなさ。


スポンサーサイト