FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

04-27

2013

ヨキセーヌがやって来る。

人生の醍醐味といえば、
予期せぬことが起きることだ、と私は思う。

思い出してほしい。
それは全く予期せぬ瞬間に、
予期せぬ人と出会ったり、
予期せぬ出来事が起こったり、
予期せぬ結果を手に入れたり、
そんな経験。



学生の時、授業中も、休み時間も、放課後も、
大なり小なりの予期せぬ事が、それはもう次々と現れた。
ドキドキした。刺激があった。イッタイナンナンダ!
そういや映画でも、予期せぬ展開だとドキドキハラハラして
目が離せないものだなー。

大人になった今、予期せぬことといえば、
トラブルや頭を悩ます問題などがまず頭に浮かんだりする。
大人になったから、予期せぬことを
冷静に対処する術を覚えて賢くなったのだろうか。
それとも、日々の出来事にド鈍感になってしまったのかしら?

良い事も悪い事も、予期せずやって来るが
できることならば、願うならば、希望するならば、
ええことcome on!さあ来いヨキセーヌ。

画像 937

やって来る。
ある日突然、こっちの都合も知ったこちゃなく
予期せぬ国からコンニチハ。
思いっきりびっくらこいて
出迎えてあげましよう。



04-23

2013

呼ぶのは君の名。

私は名前というものが、好きでしょうがない。
名前スキであ~る。
「あかえんぴつ」
「ジャーマンカモミール」
「根拠のない自信」
「本日の日替わりランチ」

いつの日か知らないが誰かが名付け、
いつの間にか皆がそう呼んでいる、
その存在を認めてくれる文字の羅列の贈り物。

「たんぽぽ」だってどちらかというと「ぽぽたん」っぽいのだけれど、
あえて「たんぽぽ」という洒落た響きの名前で呼ばれてる。
そこにはきっとなにかしら名前の由来があるのだろう。
1366434535445.jpg


カラオケで歌っていると、
演歌に、「涙」や「酒」が登場するように、
恋の歌には「名前」という言葉が歌詞の中によく出てくる。

人にもひとつずつ名前がある。
つぶやいてみよう。
ささやいてみよう。
呼んでみよう。
叫んでみよう。
だったらとりあえず「エイドリア~ン!」

そう、愛する人の名前をリング上で叫び続けたのは、映画の中のロッキー。

「カンチ!」
どんな時も愛する人を呼びかけたのは、ドラマ東京ラブストーリーの中のリカ。

「千!」
そう呼ばれたのは名前を湯婆婆に奪われた、千と千尋の神隠しの千尋。

なまえなまえ、おなまえなまえ、おまえのなまえはなんという?
あたしのなまえは・・・。


04-17

2013

母とかりんとう、そしてグミ。

かりんとう。
私が小さい時も家にあったが、「他になんかお菓子ないの~?」
と思っていた。

大人になってから、ふと母親が言った。
「昔、近所の子にひとつだけ、かりんとうをもらってね。
世の中にこんな美味しいお菓子があるんだって思って・・。
そのひとつが美味しくて、美味しくて・・・。」

ああ聞いてしまった。母親とかりんとうの思い出。
そうだったのか・・・。


いったいあるだろうか?
食べ物があふれ、満たされ過ぎているこの今の生活のなかに
一口一口味わい感謝していただけるという思いで食べている時が。



かりんとうが少しずつ減っていく袋をながめながら
どんな気持ちで母親は今、
かりんとうを食べているのかと思う。

娘の私としては、なんだかセンチメンタルになってしまうので
無理から話を変えます。

画像 943

私の好きなお菓子。グミ。
アメでもなく、ガムでもなく、ちゅ~~とはんぱな
立ち位置でも、なぜかパンチのきいたこの食感で、
なのにやがて、はかなく消える君が好きだ。
ああ素晴らしき中途半端。

そして中途半端に終える今夜のブログはここまで。
決め手のパンチもないまま、おやすみなさい。

04-12

2013

結果を先取り。

テレビでスポーツ観戦をしていた。
セットカウント 1-1
いい試合だ。ドキドキハラハラしながら観ていた。

バレーボールだったので、3セットとれば勝ちである。
この後、どんな展開になるのか・・・。
ふと頭をよぎる、ひとつの考え。
(この時間だ。きっとネットで調べれば結果を知ることができる。)

だめ、だめだめ!それはやってはいけないわ。
miteha.jpeg

こういう時、限って私は自制できない。
だめだと思えば思うほど抑えられない。
罪悪感を抱えつつ、ちーと薄目で結果を見た・・・。

3-1で、私の応援していたチームは負けていた。
ガックリ・・・。

そっか、このあと2セット連取されて負けるんだ。
結果が見えた私は安心を手に入れた。
そして興奮を失った。
それから結果がわかっている試合を、素知らぬ顔で観ていた。
おもしろくなかった。
これがひっくり返るんじゃないか!という期待もない。
いつも感じるスリルもスピード感も感じなかった。
ただ結果を見なかったらよかったという後悔。


試合も挑戦も恋も人生も、何事も結果がわかると安心は手に入るが、
ドキドキハラハラは、ナッシング。
結果は一番最後でいいと思った。


04-09

2013

今日も誰かにキュン太郎。

いつもこのスッタフブログを読んでくれています
有り難い存在のIさんが言った。
「せっかく春なんだし、明るい話題なんてどうかな。
Jさんのロマンス。恋の話とか。」

リクエストをいただいた。
見栄を張って全く無くは無くなんて言っておくが、
それはまたいつかの折に。


目が合う。
学生の時なんか、意中の人(表現が古いかしら?)と
目が合うだけで、
きゃ~~~!
今、目が合ったのおおおおよおおお!

と舞い上がってしまう私でした。

手が触れるわけでもなく、心が通じ合うわけでもないが、
ただ目が合ったというだけで、胸キュン(この表現も古いな。)。

大人になって、毎日色んな人と目が合うわけですが、
正直、いいな~ステキだな~ちょっとスキだな~と
思う人と目が合うと、キュンとなったりする。
不純だと言われようが、いい歳こいてと言われようが、
そう勝手にキュンちゃってくれちゃうんだからしょうがないのだ。

テレビの画面の中のスキな俳優さんと目が合っても瞬キュンよ。
きゅん1



そして別にその事で誰かに迷惑をかけるわけではないので、
いくつになってもキュンちゃってもいいのではないでしょうか。
むしろ、心が動いて刺激になって良い事に思える。
私はおばあちゃんになっても、キュンしてたいわ。
そうだわ、キュンちゃうのはステキなこと。

一瞬の出来事だもの。ただそれだけだもの。
罪はないわ。
そうそうそれそれ。胸がキュンとなる感覚。
あなたのハートもキュンちゃってますか?

04-06

2013

逆転のムスカリ。

ムスカリ
それまで私は、球根植物であること、
そして青紫のなんだか地~味な花というイメージしかなかった。
ある日、ふと目に入ったムスカリ。
画像 932

「ちょっとまってくださいよ!むちゃ可愛いじゃないですか?!」
私は我が家のムスカリーノにむかって叫んだ。
「どっこい、アンタの目もかなりの節穴だったわね。」
ムスカリーノが言った気がした。


人間関係でも、ある日突然訪れるこういう時がある。

(案外、いい人やん。)とか
(意外とええとこあるやん。)とか
(かわいい一面もあるじゃない。)とか
(というか、けっこう男前やん。)とかなんとか。


たまに反対にガッカリの逆転もあるが・・・
どちらにせよ、逆転は記憶に残る、けっこうインパクト大である。



04-03

2013

一年が経ちました。

みなさん、こんにちは。

今年も桜が咲き誇る季節がやって来て、
「石賀医院」から、「いしが城谷クリニック」として
新しく開院してから、1年が経ちました。

ピッカピカの一年生のクリニックも二年生に、
そして私もひとつ歳をとりました。
時間は命だと、ある人が私に言いました。

これからも、みなさんが自分の身体と向かい合い
健康を実感し、そして笑顔で毎日を過ごせますよう
お力になりたいと思います。

clinic_04.jpg

今、有るという有り難い目に見える存在、
目に見えない存在、すべてに感謝します。

チックタク チックタク 時間という命。