FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

04-25

2012

迷う女

その昔、Aさんとランチした後に、洋服を買いに行くということになった。
さて、どこでランチするか。二人で決めようとしたのだが
これがなかなか決まらない。
「あそこは?」「う~ん、前に行ったからな~。」
「じゃ、あそこ行った事無いから行ってみようや。」
「あんまりって、誰か言ってたからな~。」
イヤな予感・・・・。

とりあえず、強引に私の独断で決めたお店に行った。
さぁ、何食べよう!
「私はドリア!」ひと通りメニューに目を通したが、すぐ決めた。
余談だが私は洋食屋さんなら、ドリアの味の良し悪しでそのお店の
味の評価をする。どうでもいいが、私はドリア基準なのだ。

・・・。Aさん決まらない。店員さんがオーダーを聞きに来たが、
う~んと迷っている。店員さん、突っ立ったままやん。
「もう少し待っていただけますか?」
そっからが、また長い・・・。ひたすら悩む。
今、一番食べたいものでいいんちゃうん!?
しまった・・・ドリアは若干時間がかかる。先にオーダーしとけばよかった。

「じゃ、ドリアにしようかな~。でも一緒になっちゃうし・・・。」
「一緒でも、私は全然いいよ!」
「なんか同じもの食べるのも・・・。」
(それってアカンことなん?!)
「じゃ、先にコーヒー頼んで、飲んでる間に決めたら?」
このナイスな私の提案に、ムッとしたのか、普通に日替わりランチに
決めたようだ。
私は運ばれてきたドリアにご満悦だった。
しかしAさんは言った。
「思ってたより、量が少ないわ。」
「ちょっと味が濃いわ。」
「やっぱり、スパゲティーにすればよかった。」

・・・お願いだからやめてちょうだい。
楽しく食べようよ。それ基本やん!
その後の洋服の買い物はご想像の通り。

「このエリがねぇ~。」
「色がちょっと派手かな~。」
「同じようなの持ってるしな~。」
と言いながら、鏡の前でずっと体にあてて眺めているのだ。

私は一つでも気になるところがあると買わない。
最初に気になるところは、着る度に半永久的に気になるからだ。
私は次のお店に行きたかった。お店の前で待った。
まだやってる。
気に入らない服を鏡の前でずっと体にあてて眺めているのだ。

なんて無駄な時間なんだろう。
今日一日でどれだけの時間迷っていることに
費やしているんだろう。それはAさんの時間だから構わないが、
それに付き合っている私はしんどい・・・。私も待つが、限度がある。
ホンマに疲れる。楽しくないのだ。
こんな小さい事を決めるのに、こんだけ時間がかかるということは
大きい事を決めるのには、きっとものすんご過ぎるほどの
時間を費やすのだろうな・・・・。

帰りに聞いてみた。「楽しかった?」
「うん、むっちゃ楽しかった。また行こう~。」
(ごめんやけど、そこは迷わずNOだわ。)

直感でもいい。
食べるメニュー、買うか買わないか、行くか行かないか。
日々、次々に現れる選択肢を1分なら1分、1分後には必ず答えを自分で出す。
普段から選んで決める練習をしてみるのもいいと思う。
xiexie