FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

08-29

2011

たまるいっぽう。

お買い物をすると、品物を入れてくれる紙袋などの袋、ふくろ、フクロ。
いつか使うはず、いつか役に立ってくれるはず・・・
とドンドン増えていく。

ナンダソレ!  でも、
そんな方、案外多いのではないでしょうか?
以前、テレビでお宅訪問をして「ためている袋を見せてください。」
みたいな番組を見ました。
どのご家庭からも、出てくる出てくる袋の数々。
(あ~わかるわぁ~)

増えるという事は、思っているほど使ってないし、減ってないのよね。
始末に負えないわ。
ドンドン使ってないなら、ドンドン捨てましょうと、3分の1ほどに減らしました。
それでもきっとまだ多い。 
たぶん5袋くらい持っていれば事足りるのでしょうけれど。

そないに使わんって! て、わかってまスゥ~~~。ハァァ~~。

xiexie

08-27

2011

堂々たる蒟蒻芋

田中町の なごみのお豆腐 伏見屋さん

でっかちゃん
でっかちゃんの説明
だいたい3年以内で収穫されるため、5年ものはめずらしいようです。

お買い上げ♪
あなたが、マンナンライフの蒟蒻畑が好きで、コーヒーも好きなら、
このこんにゃくコーヒーゼリー(右下)は絶対気に入ると思う。
(コーヒーフレッシュは付いていませんので、ご用意してくださ~い。)
私の一押し♪

xiexie

08-25

2011

おくちチャック。

購入した当時は、すごく小さな穴だったのに、
ヒザを曲げるたんびに、「ビリっ」。の~ん!
私、バリバリのロッカーでもないので困る~べいべぇ~。


笑うヒザ小僧、頼む!これ以上、傷口ひらけてくれるな。

静かになったヒザ小僧

お直しに出しました。(千円くらい。)

xiexie

08-24

2011

LUSHから、風呂敷発売♪

カラフルン♪
ハンカチ、スカーフ、エコバック代わりにいかがですか。

08-24

2011

たとえばこんなイヤな自分。

小池龍之介さんの「考えない練習」を買いに行きました。
でも、結局購入したのは、こちら。
(著者は小池龍之介さんです。)
表紙買い

「自分がイヤだ」と、自己を全否定するのではなく、
どういった所がイヤなのか、その部分を見つめて知り、
いったん受け入れて手放すことが大事だと思いました。


私のイヤな所。前々からなにげに気になっていたのだけれども、
ギュッと目をつむって見ないようにしている自分のイヤな所。

それは「媚びる」自分。
媚びる私。 絶対違うと思う。媚びてなんかいない!
そんな事した覚えはないわ!
そんな人間、サイテーよ。私はそんな人間じゃないわ。

媚びる」・・・辞書では、他人に気に入られるような態度をとる。機嫌をとる。へつらう。

あぁ、ぶっちゃけ人に気に入られたいと思っているわね。思っているということは
態度にも出てるはずね。
人間関係で気まずくなるのがイヤだしね・・・
あぁ、ときには機嫌もとっているわ。
それが、へつらうというなら、へつらっているわね。

ハッ! 
媚びてる!こ~び~て~る~。
そんな自分と向き合うのは、かなりツライし、キツイし、しんどくて
苦しいし、恥ずかしい。

「もしかして自分は○○じゃないかな・・・イヤイヤ!絶対に違う!」
と、断固認めたくないけど、ちょっこっと引っかかっている所に
思い切って目を向けてみるのもいいかも知れませんね。

人が変われる。そんな時ってこういう時なのでしょうか。
(私、変わるのかしら。 ミラクルチェ~ンジ~。)

xiexie

08-22

2011

プロレス少女

木曽ひのきのお箸、ありがとうございます!
アントニオ木曽ひのき。
お箸があればなんでも食える。ダァーーーーーっ!!!!!!
なんだこのやろぉ~。

中学生の時、私はプロレスが大好きだった。
プロレスの週刊誌に、イラストを描いては送り続けた。

それが結構載せてくれたりしたので、毎週雑誌を見るのが楽しみだった。
が、花も恥らうお年頃の乙女だったので、同級生には秘密。

イラストが載ると点数がもらえ、さらに燃えて描いては送った。
そして年間の獲得点数で12位(くらいだったけ?)に入った。
目標は10位以内に入ることだったけれど、力およばず・・・。
受験勉強もそれだけ燃えれればよかったんだけれども。

そして当時大ファンだったレスラーのブロマイドをもらった。
アロハシャツに、丈の短いピチピチのジーンズ姿。
(私、普通にファイティングスタイルな感じの期待してたんだけれども。)

「燃える闘魂」の女子中学生だった頃が、あぁなつかしい。

xiexie

08-21

2011

トンダ、イカシタ、キミ。

んっとね。 あっとね。
ボクね・・・。
こっちむいてハニー

なににゃに?
ハ~イ、ハ、ハニ~。

カエルなんですケロ。

ぎょえぇぇ~~。

xiexie

08-19

2011

問題≠答え

バスの中にて。

後ろの座席に、座ってはる親子。
母親と小1くらいの男の子と、小5くらいのお姉ちゃん。

男の子がクイズを出題するのが聞こえてきました。
「まっすぐな線の上に、ぜんざいが乗っています。さて何でしょう?
ヒント、それはとてもキレイなものです。」


ちょっとそのクイズ、私も参加するわよ。
勝手参加のシンキング・タ~イム!!!

お姉ちゃんが答えます。「白玉」
(私も、ぜんざいと聞いた時点で真っ先に頭に浮かんだ。)
「ちがう。」

母親が言います。「なんなんそのクイズ!? 答えなによ?」
「あ、ちがった。線の上じゃなくて、線の下やった。」

(ますます、わからん・・・。一体このクイズの答えはなになの?
答えを聞いたら、絶対みんなに出題してやる~。)
・・・・・・降参。 お答えをくださいまし。

「こたえ~は、新聞です!!!」

「なにそれ! わけわからん!」母親とお姉ちゃんが叫びました。
満員のバスの中なので、きっとあと5人くらいは私と同様に
勝手に解答者にエントリーしてはったと思う。

「今、何時~?」と、男の子は知らん顔です。
私はくるりんちょと後ろを向いて
「なぁなぁ! なんで新聞なん??」って聞きたかったけど、やめた。

コドモのハッソウで。

子どもの発想はおもしろい。
大人に、こんなクイズを考え、みんなが「なんでなん?!」と
ハッキョーするような答えを用意しなさいと言われたら、
とっさに浮かぶだろうか。

大人は問題と答えは絶対に、じぇったいにイコールでないといけない。
と、いう固定観念が根強くある。
ちょっと頭やわらかく、やわらかすぅ~生きましょう。

xiexie

08-17

2011

セコビッチの時間

ファンデーションが無くなりそうです。
これはガラスの容器なので、ギューと押し出す事も
半分に切ってそげ取る事もできましぇん。
ポタポタ
で、セコビッチ的方法。
ぽた・・ぽた・・・。
ゆっくり過ぎゆく時間でちゅ。

xiexie

08-16

2011

コカコオラ

A賞の景品がなにか知らないけれど、
これまで3回、ガッツリ引き当てます的ハンドパワーを使って
抽選BOXに手を入れた。
結果は3回とも「ハズレ」。

今日は、(はいはい、またハズレでしょ)と
半ば投げやり感満載で引いた。
ら、D賞!!!
次も狙う!

数字に訳すと4等なわけですけど、嬉しかった。かなり。

「私は当たる!」と確信して引くのがいいのか、
あんまり欲深くなく無欲で引くのがいいのか、
どっち~。どってぃい~??

xiexie

08-15

2011

センチメンタル・花火

一瞬の。

地味で、はかない感じのする線香花火も、
瞬間はこんなに元気よくて、鮮やか。

花火の中で「なんだか切ないって」部門を一手に背負い、
人々の記憶の中に存在し続ける。

「ドラゴン」スキやったな~。 
ねずみ花火、もうキャーキャー言いながら本気で逃げたな~。
へび花火?? ウネウネと黒く長くなるだけやねんけど、むちゃんこファンでした。
ウネウネ~って真似して踊りながら見てたっけ。
(どなたか覚えています? ありましたよね? 今も売られているのかな?)

そして線香花火タイムは、大人も子どもも、
ちょっとおセンチ(古い?)になるのよね。

xiexie

08-14

2011

らりるれ涼

よどみなく。

08-13

2011

滋賀にて

一面のユリ。 見事です。
 いい香りに包まれます。
リリーリリー。

巨神兵? 違う!
けっこうこんなんスキ
ファンキーでええ感じなキミ。

こすもっちゅ。 あかとんぼーーーん
もう秋の気配が。コスモスと赤とんぼ。

運ばれなさい。
私リフトに乗るのは、何年ぶり子さんかしら。
なにげに高い所、苦手なんですが・・「おぉぉ~!野生の鹿、発見!」。
空中散歩でご満悦。

広がる壮大な景色。 小さく見える下界。
なんて人間って小さいんだ。 
それなのに大きな問題を抱えた気持ちになったりして。
こうやって、遠くから物事を見るのもええな~。

いかんいかん! 考えるな~。 今を楽しめ~。

xiexie

08-12

2011

ハッピー・ハーブ

スタッフのポテチさんから、心のこもったプレゼントを
いただきました。
ほろりんちょ。

ハーブ各種と、手書き!の説明書付き。
感動屋の私は、グッときちゃった。

石賀医院はお盆休みに入りますけど、
ポテチさん、私のかわいい草花の水やり、
よろしゅうたのんます。 ありがとう。

xiexie

08-11

2011

サヨナラ、Tシャツ。

言われた。 ズバリんちょ、と。

「それ言おうと思ってたんやけどな、
そのTシャツ、アンタには似合わへんわ~。顔がぼやけるねん。
袖もアンタにはなんか長すぎてやぼったいわ。」

もう一人の友人も黙っている・・・。右に賛成やねんな。

私はこんなハッキリ本音意見は嫌な気はしない。
むしろ大歓迎。 言うてほしい。
かわいがってもらえよ~。


そうよ、そうそう。 私もそう思ったわよ。
私のこの濃い顔には、グレーがかった優しい淡い色は溶け込まないのよ。
何度も失敗してきたじゃない!

「でもこのての色は、私似合わない気がするんですよね。」
「でも冒険しましょう~。」ってお店に人に言われ、冒険してみるか(単純やな~)、と。
なんだかむちゃかわいくて、すごく気に入って購入したTシャツ。

やっぱりか・・・。 着る度に、鏡を見る度に(私にはなんだかこの色違う気がする。)
とは思っていた。 客観的に見てもそうだったんだ。

そしてMちゃんにあげた。 Mちゃんはきっと似合う、客観的にそう感じる。
第二の人生をMちゃんと共に、サヨナラTシャツ。ちゃよならぁ~。


だんだんと歳を重ねるごとに、丸首Tシャツが似合わなくなってくる、気がする。
そんな2011・夏。

xiexie








08-10

2011

セミ客万来

私の部屋の、夏のあるある光景。
網戸にセミ。
「また来てくれはったん!」
み~んみ~ん
あなた腹が、丸見えよ。
おしゃべりでけたらええんやけれど、

ま、このままサザンの「メロディ」を一緒に聴こうよ。
いい女にはふぉえぇばぁぁみぃ~ん♪ 夏がまた来るぅみぃ~ん♪

xiexie

08-07

2011

8月のイベント

わたしのためのとっておき
アロマ&ハーブの会 

シャカシャカ、クルクル
みなさんで脚専用のアロマジェルを作りました。

ティー・タイム♪
ブレンドされたハーブティー。
管理栄養士が作った、白砂糖・卵・バターを使用していない
紅茶のケーキです。
参加していただいた皆さま、楽しいひとときをありがとうございました!




アロマやハーブは、今日の薬がなかった時代、遠い昔の人々が
自然と共存しながら得てきた知恵がたくさんつまっています。


私も以前はアロマ、ハーブは言葉としては知っていました。
ヨーロッパなどでは、昔から人々の生活に密着したものですが
私にとっては、なんだか「よくわからないもの」という認識でした。

最初、アロマの精油の種類もわかりませんでしたが、
だんだんと今の自分が必要としている香りを感じることができました。
ハーブティーも最初は抵抗がありましたが、今では私の生活に
欠かせないものとなりました。

始めは「よくわからないもの」でもいいと私は思います。
その中で、理屈ではなく自然と心と体が癒され、喜んでいる瞬間を
きっと感じることができるでしょう。

アロマやハーブだけではありません。
薬や治療のほかに、自分に合った健康になるもの、心と体が喜ぶものを
日々の生活の中に取り入れてみてください。

健康とは、自分自身が考え、選び、信じ、つくり上げ実感するもの。

ご参加ありがとうございます!

これからもいろんなイベントを考えていきます! お楽しみに♪

xiexie



08-05

2011

若い時は、3つ食べられた。

なんだかガツガツ・ガッチリ ハンバーガーがむしょ~うに
食べたくなった。 はむぶあぁぎゃ~~~!!!!!
今は一つで、せいいっぱいのおなかいっぱい。
食べたくなってきた?

ひとつわがまま言えるなら、はさんであるトマトが
冷たくなく、温かかったら言うことナッシングなんだけど。

xiexie

08-04

2011

慣れに気づく。

なんだかマウスがおかしい・・・。
きっとおかしい。

Wordで作業しててもイライラ。余計な時間をくっているよな気がする。
何度かマウスを握りしめ「イーーー!!!!!」と振ったりした。
(そんなんしても直らないわよ。)

昨日、私のイライラは最高潮に達した。
晩ご飯だというのに、電器屋さんに直行した。
そして買った。そんなに高いものでもなかった。
今まで何度も電器屋さんに行ったけど、買わなかった。
なんでやねん・・・。

家に帰って早速使ってみた。
明らかに、違った。サクサク感がじぇんじぇん違う。
これが正常なのだ。ごきげんマウス。
ちっちゃいの、ほしかって~ん。


「慣れ」とは恐い。 最初は「あれ?」と違和感を感じても
続けていれば、やがてそれが当たり前になってしまう。
根本を変えることより、自分がそれに応じて変わっていくのだ。

そう、私はこのマウスを1年? う~ん2年、
ちゃうちゃう!もう3年近く使い続けていた!
すぐに解決でけたのに。

たかがマウスごときで大げさな・・・・。
そう、私はその小さなストレスを3年も抱えていたのよ。
3年間・・・。1000日・・・。
私が中学入学したなら卒業まで。

けっこうな時間、イライラに費やしてしまいました。

xiexie






08-03

2011

ダルダルしない夏女。

「夏は女性は肌の露出が多くなり、みなさん綺麗に着飾りますが・・・
歩いている姿を見てごらんなさい。
夏の日差しのもとで女性はしかめっ面で、だらけてきって歩いています。

夏は女性が一番キレイに見える季節ではありません。
夏は女性が一番汚く見える季節です。
気をつけましょうね。」
暑苦しくなく・・・。

そんな感じのことが何かで書かれていたのを思いだしました。
・・・その通りやと思います。私もダルンチョだもの。

明日、道行く女性の姿をこっちょり観察してみてください。
そないに暑苦しさを全面にアピールせんでも・・・ってな人に
出くわすはずです。

夏の日差しのもとで、軽やかに元気に歩いている女性。
かっこええや~ん。かっちょぶぅ~!
そんな夏女を目指したいものです。

xiexie

08-01

2011

小さな幸せから、大きな喜びを得る。

幸せ想像力
トトロの口から、エイリアンさつきお姉ちゃんが
現れた!
「リプリー!!!! たすけて~! だずげで~ぇ!」
叫ぶメイちゃん。



身近にある小さな幸せをいっぱい感じて、
日々、心を満たしましょうね。

そして、ここにある、ここにいるという、感謝の気持ちを忘れずに。


xiexie