FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

01-29

2011

なにを言いたいかと言いますと・・・。

平成23年のお年玉付年賀はがきの当選番号が発表されましたね。
Aさんが言います。
「切手シートもそんなに当たらないし、年賀状出すのもしんどいけど出さなあかんし~。」
Aさんは60歳代後半で、聞けば毎年200通の年賀状をすべて
手書きで書かれているとのこと。

「あなた、当たった?」 「私、年賀状一切やめましたから~。」(以前ブログでもお話しした通りです。)
「そんなのダメじゃないの!」 と言われると思いきや・・・。
年賀状
むっちゃ質問攻めです。
「今年は出さないよ、ってみんなに言うたの?」 「それともだま~ってやめたの?」
「いっぺんにやめたの?」 「それとも毎年ちょっとずつ減らしていったの?」
「心配して電話かかって来なかった?」 
「自分のがちゃんと着いてないんかって聞いてきはらへんかった?」 
「怒る人おらへんかった?」
「あなたのお母さんもやめたの?! あなたのお母さんは私と同じくらいの年代の人よね?」

そして「今日から一年間考えて決めようかしら。そうよね~そういうことも有りえるのよね・・・。」

Aさんのひとつしかなかった選択肢に、おひとつ選択肢がプラスされたもようです。
(今回も言いますが、決して年賀状をやめましょうと言っているのではないです^^。)

私は、「しんどい」と言ったAさんを助けてあげようとか、なんとかしてあげようと
思ったわけでもなく、ただ私の実体験を言っただけです。
なのに、Aさんは年賀状について色々考え始められました。
どうするかはAさん次第。

でも、実体験をきくって、つよーい。すごーい。(今回はこれを言いたかったのです~。
ここやったんや!?)

xiexie