FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

01-30

2011

今夜のつぶやき。

海遊館
海遊館のイルミネーションを見るだけのために
海遊館へ行く。 大人だ。

ほんまうまい。
うまい棒めんたい味を、大人買いしてみる。
30本入りやから、一日一本食べて1ヶ月楽しむという姑息な計算をする。
大人だ。

「今年、わたし成人式なんです~。」
とみんなを、氷の世界にいざなう寒いギャグはもう封印しようかな・・・。
大人やし。
また明日!

xiexie

01-29

2011

なにを言いたいかと言いますと・・・。

平成23年のお年玉付年賀はがきの当選番号が発表されましたね。
Aさんが言います。
「切手シートもそんなに当たらないし、年賀状出すのもしんどいけど出さなあかんし~。」
Aさんは60歳代後半で、聞けば毎年200通の年賀状をすべて
手書きで書かれているとのこと。

「あなた、当たった?」 「私、年賀状一切やめましたから~。」(以前ブログでもお話しした通りです。)
「そんなのダメじゃないの!」 と言われると思いきや・・・。
年賀状
むっちゃ質問攻めです。
「今年は出さないよ、ってみんなに言うたの?」 「それともだま~ってやめたの?」
「いっぺんにやめたの?」 「それとも毎年ちょっとずつ減らしていったの?」
「心配して電話かかって来なかった?」 
「自分のがちゃんと着いてないんかって聞いてきはらへんかった?」 
「怒る人おらへんかった?」
「あなたのお母さんもやめたの?! あなたのお母さんは私と同じくらいの年代の人よね?」

そして「今日から一年間考えて決めようかしら。そうよね~そういうことも有りえるのよね・・・。」

Aさんのひとつしかなかった選択肢に、おひとつ選択肢がプラスされたもようです。
(今回も言いますが、決して年賀状をやめましょうと言っているのではないです^^。)

私は、「しんどい」と言ったAさんを助けてあげようとか、なんとかしてあげようと
思ったわけでもなく、ただ私の実体験を言っただけです。
なのに、Aさんは年賀状について色々考え始められました。
どうするかはAさん次第。

でも、実体験をきくって、つよーい。すごーい。(今回はこれを言いたかったのです~。
ここやったんや!?)

xiexie

01-27

2011

かんかん、らんらん、かんらんしゃ。

小さい時、遊園地に行けば観覧車は必ず乗った。
ティーカップはくるくる目が回るのでイヤだ~。
ジェットコースターなんて、あんなスピードこわいよ~。
おばけ屋敷にあえて足を踏み込むなんて、ムッディ~。

親を困らすワガママな子どもでした。
でも観覧車だけは乗った。私の中ではものすごく安全で安心な優しい乗り物だった。

はず・・・・。
大人になった今。 内心、私は思った。(こわい・・・・。)
あんな高っいところに自分が運ばれると思ったら、腰がひけた。

そびえ立つでっかい目玉がゆっくり回りながら誘います。
(の~って~いきな~さ~いよ~。)
りんくう
「今夜は風がきついから、また今度ね!ぶー。」

xiexie

01-25

2011

わたしお大事に。

ここ何年か私は風邪をひいた事がありませんでした。
むちゃくちゃ元気で、それが自慢でもありました。

「オカン!止まれ! オカン!どっかいけ!」 五歩六歩・・いやいやゴホゴホ!
そんな感じで日曜日から、セキと悪寒がとまらず・・・。

体はもちろん言うことを聞いてはくれません。
やる気は失せるし、なんだか気弱になります。
「今の私・・アカン・・・。」

やらなければいけない事もありますし、お仕事もあります。
そんな時はみなさんも、早めに医療機関に受診されてみてくださいね。
悪化すれば、休まなければいけない時間も治療費も多くなります。
そして、たっぷり睡眠をとって休養してくださいね。 ぐ~すかぴぃ~。
りんごちゃん
スタッフku-maちゃんの「xiexieさん、今は休みなさいって事なんやわ。」
ポテチさんの「うつさないでよ。」と言いながら、色々気に掛け世話をやいてくれる
愛情の裏返し(と、私は受け取っている^^)。
城谷先生の「大丈夫?」という声掛け。

健康で過ごせることがいかに素晴らしいか感じつつ、みなさんの優しい言葉が
弱った私の心と身体に、しゅわ~しゅわ~シュミテック~
と、しみていく~~。しみわたる~。
もうすぐ全快ベイベーだ!
スタッフのみなさん、私がご機嫌さんの時に決まってやるペンギンダンスを
楽しみにしてて♪

xiexie


01-20

2011

言ってみよう。

石賀医院に来てくださっている方はご存知でしょう。一階のあの広い駐輪場。
そのど真ん中で、私は窮地に陥ってしまった!
午後の診療が終わり、「さぁ帰るぞ~!」と自転車を出したところ・・・バランスを崩した!!!
まず自転車が倒れ、その上に1%の抵抗もできないままの私は倒れこんでしまった!!!
ガッドッバダーーーン!!みち7
(ここは想像してください。) 横たわった自転車の上に
仰向きで、への字に倒れた私。 こ、腰が折れる・・・ぅ。
しかも右腕は自転車の下に入り込んでしまい、
かぶっていた帽子がずり落ち視界はゼロ。 
モコモコに着込んでいた為、身動き不可能。

でも私には自信がありました。なんのこれしき!
自力でこの窮地を脱してみせる~~。み、み、みてろ~~よ~。
(イヤ、誰も見ないで~。)

しかし私は力尽きました・・・。(もうダメだ。自力ではどうしょうもない。)
その時、「助けて~。」と心から叫んだ。響き渡る私の声。そして静寂。
しーーーーーん。
 
すると、この状況を「マイッタ!」と受け入れ、恥かしさをぶっ飛ばし、
叫んだ私に超人的なパワーが沸いてきて、
くるりんちょと体を反転させ起き上がることが出来ました。
「ありがとう!」


もうダメだ!と思ったら、「助けてほしい」と口に出して言ってみてもいいと思います。
誰かが一緒に考え、協力してくれるはずです。
ひとり言でもいいじゃないですか。
もしかしたら手助け好きな神様が
ちょっこと力を貸してくれることだって、あるある!


xiexie 



 

01-19

2011

もしドラ。

私にはここ2年ほど、その腕を信頼して通っている美容院があります。
この美容師さんが、私の伸ばしている髪を「思い切って、ショートにしましょう!」
と言ったら「そうしましょう!切っちゃいなさい!」というかもしれない。

その担当の美容師さんといろいろ、くっちゃらおしゃべりをします。
「最近、楽しいことあった~?」 「今、はまってるドラマなに~?」
「なんでうちらこんなんなんやろな~。」
そして「今、読んでる本は~?」
と、たずねたらこの本の名前が返ってきました。
「どんな本?」と聞いたら、一生懸命説明してくれはったんだけれど、
私はポカ~ンと口を開けたまま理解不能・・・。
それがもう何ヶ月も前の話です。
逕サ蜒・260_convert_20110119225940
それから書店で必ず見掛け、ランキングなどで上位に入っているのを見たり、
周りで読んだという人がいたりして。

ついに私の手元にもやってきました。 さぁ、読みま~す。 
みなみちゃん、どうするん~?

xiexie

01-16

2011

ひとつ ふたつ こたつ。

今夜も寒いですね。こたつで丸くなっていますか?

こたつ・・・。
私が小学生の時、友達とケンカをして学校に行きたくなかった朝、
こたつでジーと考えた。(熱が出たら休めるのに・・・。)
おでこに手を当て、「熱があるみたい」と母親に言うと、
水銀の体温計を渡されました。

そして私はこたつの中心部分、網々の赤々したところに
水銀の体温計を突っ込んだ。 割れた。私の計画にはそれはなかった。
(絶対真似しないでくださいね。)

あれよあれよと家中大騒ぎになって「いいから早く学校に行きなさい」
と、私は何が起こったのか理解する暇もなく家から追い出されるように
学校へ向かった。

学校から帰って当然怒られると思いましたが、誰も何も言いませんでした。
そして思いました。(今度はおなか痛いことにしょう。)
逕サ蜒柔convert_20110117005814
中学、高校と・・たまには友達とトラブルこともあり学校を休みたくなりましたが、
(女子ってほんとややこしい。)
おなか痛いという仮病を使うことは結局一度もありませんでした。

私にも十代の頃があったのね~。
数々の失敗したな~。つまずくたんび地の底まで落ち込んでたわ~。
悩んではこの世の終わりやと思ってったっけ。


xiexie

01-13

2011

つくってみそ。

「そっかーー!発酵してるんや!」
「にゅ~?にゅ~!乳酸菌?! ヨーグルトしか浮かばへんわ!」
「腸との関係?!」
「生きてるんや!」
「なるほど! さ、さ、さしすせそーー!」

あの席の女二人は、クリスマスだというのになんちゅう会話で
盛り上がってるんやろ・・・と他のお客さんは思っているかしら。
ここは、とある飲食店。
私とスタッフのMonteBiancoちゃんの熱い話題の主は・・・
さんたくろ~す、ではなく。さしすせそぅ~。そう!so!「お味噌

毎日のように当たり前に食しているお味噌汁。
今まで、お味噌について考えたこともなかったし、あえて知ろうともしなかったです。
そういえばお味噌汁って、春か夏か・・・
いえいえ、はるか~昔から日本の食卓では欠かせない一品です。
今では、アメリカでも「ミソスープ」として注目され人気らしいし。
いったいなぜでしょうか?
聞けば聞くほど、お味噌って興味深い!その理由も、うなずけます。
その日から、私はお味噌汁に感謝をするようになりました。
おみそ.jpeg_copy_copy
2月26日(土)石賀医院主催による
 「手作りお味噌の会」
を開きます。
当院、管理栄養士と無添加のお味噌を作りましょう♪
そして、お味噌や、身近な調味料についてお話をさせていただきます。
一杯のお味噌汁が食卓を変える!

詳細はホームページ、当院待合室掲示板にてお知らせいたします。
お問い合わせ等、受付までお気軽にどうぞ。
みなさまのご参加をお待ちしております。

xiexie






01-09

2011

嫌なことがあったので。

気分を変えるために、白ワインで乾杯しましょーか。 ん?
逕サ蜒・256_convert_20110109195257
やっぱぁり赤ワインかしら~。 ぬぬ?
逕サ蜒・257_convert_20110109195403

逕サ蜒・258_convert_20110109195517
じゃじゃ~ん。 ヒヤシンス で やんす。
ホンマ不思議です。カラッカラの球根のおしりを水につけていると
最後には花まで咲かせる。

「性根」という言葉があります。
もし自分の居るべき場所がわからなくなってしまったら、
この球根みたいに、内に少しずつ力をためておき・・・
そして「ここ!」という場所を見つけたら、そこでしっかり根を張れば、
やがて茎が伸び、葉が育ち、花も咲く!

さっきまで、グラスごと壁に投げつけて「うおぉ~!!!!!」と
叫びたいくらいに腹が立っていたのに~。

「腐らず、笑っていこうか~」
かわいいヒヤシンスちゃん、あなたの根っこが丸見えなおかげで
立ち直ったわ~。(ホンマきれいな根っこやわ~。ジーと見てやる~。)
あなたは無言やけど、雄弁やわ。

xiexie

01-06

2011

年賀状

私が幼稚園児の頃から毎年、出し続けていた年賀状。
2年前に一切、やめてしまいました。
やめる前には「年賀状ぐらいちゃんと出さないと。」「昔から続く日本のいい風習やないの。」
あれこれ悩みました。
が、やめてみると・・毎年、せっぱ詰って書いていたことから解き放たれて
ものすごうく気が楽になりました~。
気がつけば、断捨離続行中の母親も一切やめていた!
律儀な父親は出してはります。
年賀状

決して年賀状をやめましょう、と言っているのではないです。
お年賀の挨拶はとても大事ですし、日本の素晴らしい心でもあると思います。

ただ、一切やめたら、私はすごく気が楽になった。というだけのことです。
やめて初めて年賀状の意味や、有り難さを知る時が来るかもしれないですし、
また出したくなったら年賀状再開するでしょう。

いつも選ぶ反対の事を、意識的に「えい!や!」と選択してみるのもいいかも!
頭で思っているだけじゃなく、実際体験してみたら、
「絶対ありえない!」と思っていたことが、「結構ありえる!」だったりして。


xiexie

01-03

2011

笑う門には福来る

みなさん、初笑いしましたか?
逕サ蜒・275_convert_20110104002709
私は「笑い」にはすごいチカラがあると、個人的に思っています。
これは信念なので、おばあちゃんになっても言い続けているでしょう。

笑いに関しての様々な研究も行われており、笑うことで人間の心と体に
良い環境を生み出すことが知られています。

レッツ♪はひふへほ。 
ははは!(ここは思いっきり!) ひひひ。(ちょっとおちょけて。)
ふふふ。(そうそうかわいらしく♪) へへへ。(時には照れながら。)
ほほほー。(高らかに!)

私、笑って顔がクシャクシャになる人、大好きです。
一時期、落ち込んでいつも悩んでた時には本当に眉間に2本のシワがクッキリと
現れていました。 
友達に言われました。「悩んでばっかりいたら、ホンマそんな顔になってまうで!」
鏡を見て自分の顔にギョっとしました。「怖いよ~。」「ずっと見てる私のほうが怖いわ!」ほんまやね~。
今は眉間のシワは薄くなりましたが、この笑いジワが・・・これは、まいいか!


xiexie

01-01

2011

元旦

金閣寺 金閣寺2
雪の金閣寺。 わーい雪ウサギよ。まだ私の心に残っていたピュアな童心。
大徳寺 大徳寺2 大徳寺。
逕サ蜒・274_convert_20110102130125 鴨川沿いに歩いて下鴨神社へ。 むっちゃ歩きました~。もうちいと体力つけなアカンわ~。

xiexie

01-01

2011

2011

2011_20110101011525.jpeg

今年もみなさまの健康をサポートさせていただきます。
一緒に心と体の調和を実感しましょう!
2011年もよろしくおねがいいたします。

xiexie