FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

11-05

2010

「うちのカミさんがねぇ~」

の、セリフでおなじみの「刑事コロンボ」。
私、ダイスキなんです。
小さい時、母親が見てたのを覚えていますが、最近BSで放送されているのを
懐かしいなぁ~と見てたらハマってしまいました。

ロサンゼルス市警殺人課のコロンボが、殺人犯を逮捕するまでの
一話完結の刑事ドラマです。
何で見てしまうかと言うと・・・
コロンボ
最初のシーンで犯人も犯行手口もわかってしまいます。
そこからコロンボが登場しまして、だんだん犯人を追い詰めていくわけです。
コロンボの風貌から犯人は、コロンボをなめてかかるのですが
次第にジワジワ確信に近づいていく捜査に焦り出したり、
しなくていい行動をとってしまったり・・・と
その心理描写がハラハラするのです。

2時間ドラマのサスペンスは好きでよく見ますが、大物俳優さんが
出てると「きっとこの人が犯人なんだろうな~」なんて思って見てしまいます。
それを推理するのも、サスペンスの醍醐味なんですが。

その点、最初から犯人がわかっているので余計な推測をせず、
犯人とコロンボのやりとりに集中して見ることができます。
犯人の職業も様々で、弁護士、医師、作家、社長、女優、マジシャンや大学生・・・。
(アメリカのスター俳優さんが起用されてるようです。)

そして女優さんの70・80年代の髪型やファッションも、素敵なんで楽しみのひとつです。
「うちのヨメはんがなぁ~」と聞くたび、
(結構、無意識に出てしまうのでしょうか?どうですか?よく耳にします。)
「出た!コロンボ!」と思ってしまいます^^

xiexie