FC2ブログ

いしが城谷クリニック   スタッフ日記

日常茶飯事のなかに、 ココロとカラダがちょこっと幸せになるもの。 めっけるのだ。

07-11

2018

思ったこと

先月地震が起きて、ガスが止まりました。

お風呂・・・。どうしよう。
お湯・・・。どうやって?
スタッフKは水シャワーをしたみたいだ。
銭湯、もちろん営業していない。
とりあえず体をふいて・・・。

あーお風呂面倒くさいなぁなんて日々思っていたのに、入ることができなくなったとたん、もうお風呂の事ばかり考えてしまいました。勝手なものです。

あたりまえのように、ガス、水、電気を使えることが有難いことだと痛感しました。

連日、町中でガスの復旧活動されている方々をお見かけしました。
関係者のみなさまのご尽力に心から感謝申し上げます。

5641569879.jpg 



07-14

2016

夏が来て思うこと。

夏到来。暑いです。
体もだるくなったりします。
なんだかしゃべるのも面倒くさいって気になったりします。

言葉遣いがちょっと乱暴になったり、ツンケンしたり、
言葉が足らずだったり・・・でわからんかったらもうええわとなって、カチン!
あーもういいって!って、なんなのよそれっ!てお互いイライラして気まずく会話が終ってしまう夏。

kcvipo.jpg

あとで冷静になると、イライラしてたな、あんな言い方せんでも
よかったな、と反省の夏。

売り言葉に買い言葉でなんだか気まづくなったり、
時には、その会話でその関係が終ってしまう時もある。

おさえたり、ひいたり、あるいは丸くなったり、柔らかくなったり
ぐっと距離をおいてみたり、それ以上近づかずだったり、さっと立ち去ったり、
しないでいい言い合いにならないようにしたい、ちょっとした夏の心得。



09-16

2015

どこまでもくらべっこ。

先日、夢をみた。
夢の中では、今日で世界が終ってしまうという。

私はショッピングセンターで知らない5人ほどで食事をしていた。
遠目に何かを作っているグループ。
(何作ってるんだろう。)気になる。

横を足早に通りすぎるグループ。
(どこ行くの?)気になる。
隣のテーブルのグループ。
ひそひそ話。気になる。
(なに話しているの?)

そして同じテーブルの他の4人。
何食べてるの?
(みんな私と同じスパゲティ。)
なにげに安心。

ここで、目が覚め起きた。
(夢でよかった。)

klmhlk.jpg

夢の中でさえ、大事な時でも私は他人を気にして、
最後の食事かも知れないそれさえも他人と比べていた。

他人を気にして、まわりと比べる。これはしょうがないことだが
きりがない。どこまでいっても比べる対象は次々やってくる。
目の前のもの、それがなければ想像して、とにかく比べたがる。


夢から覚め現実に戻ってまでも、
夢と比べ、ああまだ現実の私のほうがましで幸せだ、
などと思ってしまうのだ。ホントきりない模様!
寝ても覚めても。


03-17

2015

のちにわかる。

「なんでこうなるのよ!」
「どうして今なのよ!」
やりきれない気持ちでいたその次の日や、はたまたその何年後かに

ああ、あれはあれでよかったんだな
結果的にあのタイミングでよかったんだな
と思う事が多々ある。

tklb56.jpg

タイミングの神様はすごいです。
人生で起きる事のあとさきをけっして間違わない。
そして、今わからずとも、のちのちにそれが意味のある事だったと教えてくれる。
そう思える、まさに神業。

06-13

2014

おもひきつて。

私は園芸が好きなのだが、時に思うことがある。

枯れた元気のない葉は落とす、
まんべんなく日光が当たるように、ほどよく刈る。
もう一度花を満開にするために、ばっさりいざぎよく刈り込む時もある。
画像 1026

人間もそうだ。
成長したいなら、余分なもの、要らないもの、
固執して持っているもの、古びた考え・・・
思い切って剪定してみてはどうだろうか。

最初は小さくスカスカになった自分に不安になるかもしれないが、
やがて新しい枝や葉が出てくるに違いない。
ぐぐーんとひと回り大きくなれるだろう。

子供の頃を思い出してほしい。
目の前にある事だけに一生懸命で、
今よりも思考は単純明快で、
だから素直で無邪気で可愛らしく、いろんなことを吸収しながら大きくなっていく。
大人はたくさんのものを持ち過ぎ続けているのかも知れない。

みなさんの心は、ぎゅうぎゅう詰めで重たくはないですか。
陽があたり、風が通る道がある。
そんなちょっとした空間を自分でつくってみませんか?
そうそう、思い切ってばっさり!
「思い切る」ってたまにはとっても大事だもの。

05-10

2014

躍起に否定。

いったい、1日どれだけの事を否定しているだろうか。

ちゃうやん!
あかんやん!
そうじゃないやん!
そんなはずないやん!

結構な体力や気力をそれに費やしています。
ちなみに、「むきになる」は、漢字で書くと【向きになる】。
私むっちゃそっち向いてるねん!ムキムキムッキー!

画像 1256


ええか。
ま、ええか。
そうでもええか。
そんなこともあるか。

結構な感じにそっちを向いてしまっているなら
あえてそっちに向かないでいることで楽になったりします。



03-13

2014

多すぎる意思表示。

先日、3歳くらいの女の子と話した。
「絵本、持っていっていいよ。」
「うん。もっていく。」
そして女の子は1冊の絵本を選んだ。

「もういっこ持っていく?これは?」
私は大きなお世話で1冊の絵本を選んで見せた。
「それ、ちょっとこわい・・・。」
(ほんとだわ。恐いわ。私たら、なんちゅうチョイスよ!)
「そうだね、こわいね。」

「もういっこ、どれする?」
「いっこでいい。」
「そうだね。いっこでいいね。」

なんだか私はお世話をやいて主導権を握っていたつもりでいたが、
それは完全に女の子の手中にあった。

画像 1231

3歳の子も、自分で選び、決め、意思表示できるのだ。
大人の私たちにも出来るはずだ。

いや、大人なら(このこわい絵本もイヤだし、2冊も必要ないんだけど
この人に悪いからそうするわ。)と従い、波風たてまいか。

いやいや、大人なら「申し訳ないのですが・・・」「私、あの、あんまり、その・・・」
分かって下さいとの姿勢でやんわり断わるか。

それとも「なぜなら」「どうしてかと言うと」
と説明に突入するか。

言葉数が多いからといって、うまく伝わるとは限らない。
むしろその言葉の多さが、意思表示をぼやかし複雑にしている原因だったりして
と思いながら、あ~私の文章もくどいな
と5行ほど削ってみたりした。

02-07

2014

気持ち変動。

人の気持ちは変わる。

「あの時はこう言ってたのにぃ!」
ナンデ?ドシテ?!ドナイナッテン?
そう、その時はそう思っていて、今はまた違うくなったのよ。

3秒後でも1日後でも、刻一刻と。
1年なんて360度回ってまた同じかも。

人の気持ちが変わる事を誰が責めることができるだろうか。
そして、自分も気持ちが変わることを責められても、
そうなんだからしょうがないとしか言えない。

勿論、一貫して変わらぬ気持ちもある。
画像 1205
なんだか裏切られた、話が違うとなるかもしれないが、
その本人は、いたって正直に自分の気持ちに従っているだけのこと。
ただそれだけのこと。

人の気持ちが変わったことに、動揺しないでいいんです。
少し楽になれるかもです、気持ちとは変わるものだと堂々と知っていれば。



01-24

2014

今日、こんな会話で。

女3人、たわいもない会話をしていた。
「もう1月も終わるね~。」「早いね~。」
「それでまた誕生日がきて、いっこ歳とるねんな~。」
「イヤやな~。」

歳をとるのが、イヤだイヤだと拒否しがちだが、
それはいただける素晴らしい事、感謝すべき事なのだと
この直後、知る事になる。
Yさんがこう言ったからだ。


「歳をとるんじゃないねん。お歳をひとついただくのよ。
有り難くちょうだいするものなのよ。」
その言葉の意味するところが、私を黙らせた。

画像 1216

11-06

2013

あきらめよい。

たまに頭の中がいっぱいになる時がある。
(こうなりたい)とか、(そうだったらいいのに)とか
(こうしてくれたらいいのに)とか(そう言うてくれたらいいのに)
(あれも欲しい)これもそれも・・・あぁぁぁ!!!

そんな時は、私はすべてをあきらめる。
リセット、というとなんだかかっちょよく思えてピンとこないので
あきらめるという言葉を使う。

その頭ん中に充満する希望か願望か理想か夢か、はっきり
区別することができないすべてを、あきらめる。

むちゃくちゃ楽になる。心が軽くなってくる。
真っ白でシンプルになった頭の中で、意外にも見えてくるものもある。

画像 1164


かといって「あきらめたらアカン」。そう、私はこの言葉が好きだ。
そう言われ続け育ち、あきらめる事が悪いことだと思っていたが、
そんな事はオカマイナシに、実にいままでたくさんあきらめてきた。
そしてそれ以上に色々な希望や夢を持ち、願望や理想を描いた。

そんな事でいいのか?
いい、いい。
人間とはおもしろいもので
ほっておいても、じきにまた同じように希望か願望か理想か夢なんかが
ワッサワッサわいてくる。
だから私はあきらめるということに、全然心配はしていません。